Kガイド不要論

Fuji工業でKガイドの構造とその性能が分かりやすく動画で解説されてました。
http://www.fujitackle.com/new/k.html

要約するとつまりバット側の絡みはスピニングに緩く巻かれている糸が一気に出てしまった時、横風に吹かれて絡まる、ティップ側の絡みはそもそもラインスラックの出し過ぎという予測ができる。

じゃあマネジメントとして

・スピニングでジャーキングする場合、糸フケ出しながらする釣りのためスピニングバックラッシュのリスクマネジメントが有効。しかしブレイドラインでジャーキングすればその特性である柔らかさ故のラインの出過ぎが起こることがある。コーティング系、張りのあるブレイデッドライン使用でほぼ解決する。
・ジャーキングでティップに糸が絡むということはジャーキングで糸フケ出し過ぎという事実。ジャーキングを練習すれば何とかなる。またはキャスティングでフェザーリングという作業、着水後巻く前に弛んだ糸を手で張ってやるというスピニングバックラッシュのリスクマネジメントが有効である。しかし、スピニングはそもそも糸ヨレが宿命であるため、いくらブレイデッドラインが強いからと言ってほとんど交換しないというのはアングラー側の怠慢である。「魚とアングラーをつなぐ一番重要なのはライン」とは内藤さんもよく言っていることである。糸ヨレがひどくなるとその糸フケ自身で絡みだし、絡みからラインに傷を付けることがあるため寿命であると割り切る必要性がある。

というわけでスピニングバックラッシュのリスクマネジメントとジャーキングの練習とラインの特性を知って使うという3点だけに集中すれば問題は解決するという結論に至りました。

客観的に見ればストイックですが、そもそもジャーキングを磨こうとしているアングラー自身がストイックです(笑)
冗長的ですが、つまりジャーキングの練習の先に、自分の知らない未来に、その幸福があると信じているわけです。

別のマネジメント
・道具的な相性の問題
そもそもバット側のラインの絡みはバット側のガイドのサイズが合っていないという考察があります。糸が一気に出て衝突しまうわけですからリング径を広げて衝突を抑制する。LDBガイドが少し前に絡まないという売りでブレイドラインを使用するエギのキャスティングでの釣りでよく使われていたが、結局ラインがガイドへの衝突という問題解決に至っておらず無理があったのだろうと予測する。
衝突するのであればリールのスプール径を小さくする。3000番を2500番に、2500番を2000番にというマネジメントです。実際、2500→2000番は当然同じロッドとライン12lbで飛距離が伸びました。これもひとつです。
ラインの硬さという製品の性質を知る。ラインが硬いとスプールにラインが馴染むまではラインが一気に出る可能性がある、また柔らかすぎるブレイドラインも緩く巻いてしまう可能性からスピニングバックラッシュを起こす危険性がある。自分の釣りに最適なラインの硬さを探す。
ハイエンドクラスと言われる高価なスピニングリールを購入する。そもそもキャスティング時の糸の暴れはキャスティングの距離の低下につながるため、メーカーがそれを解消しようと製品にいくつかの工夫を仕掛けている。それを使用してみる。

以上がtanabeさんと自分を含めて、「ブレイデッドラインを使っても普通のガイドで普通に投げられてるし要らないんじゃない?」という意見で、ストイックな人にはKガイドは初心者向けというカテゴリーに位置づけしておくという結論となる。


アメリカでのラインガイドの話題
http://sports.espn.go.com/outdoors/bassmaster/news/story?page=b_fea_micro-guides
ここからそれほど発展していないので、ICAST以降にどうなるのか楽しみです。個人的に本当に必要なのかどうかはマイクロガイドもKガイドもKVD,Skeet Reese,Rick Clunn,Gary Kleinあたりの選手が本格的に使いだしてから使うと思われます。またはBasspro shopsの$150未満のロッドに採用されたときが使い時だと思われます。

Spinning Tackle - Randy Howell

あなたの知らないアメリカンスピニングタックルの世界

Spinning Tackle concept from Randy Howell
Randy Howellの釣りのキャリア
http://proxy.espn.go.com/outdoors/bassmaster/media/angler?anglerId=2916
スピニングタックルをいかにして自分のタックルに組み込むかというコンセプト。Randy Howellは基本的にボートに2本程度のスピニングタックルを組んでいる。しかし、日本人が基本的に組むようなライトラインのタックルではない。
まず、使う状況は風が強い、1ft以下のエクストリームシャロー、小さい又は軽いベイトである。彼は主に軽いスピナーベイトを使用することが多い。

ロッドスペック
レングスは6ftと7ftを使用している。
6ft:周囲が木などに囲まれた狭いエリアでの取り回しを考えた長さ。しかし、魚をコントロールする主導権という性能ではロングロッドに劣る。
7ft:主に使用する長さで、ショートロッドより魚をコントロールしやすいことと、ソフトなティップとバックボーン(バット部分)がしっかりしているというロッドの基本性能を備えている。
パワーとアクションはミディアムでソフトティップにしっかりしたバックボーンを持ったロッド。ソフトなティップはキャスティングする際、サークルキャストがしやすくベイトを正確にスポットへと送り込むことができるという利点が得られるためである。

ラインセレクト
10lbのモノフィラメントライン、20lbのブレイドライン。ブレイドラインを主に使用しており、ラインの直径が細くて強いという利点はカバー周りで釣りをするのには必要な条件である。

使用する主なルアー
1/8〜1/4oz程度の小さいルアー。カバー周りではスピナーベイト、ノーシンカーで使うフローティングワーム。フローティングミノーもその自重の軽さから使用する。

不利な点
フリッピング&ピッチングといった釣り。近距離での釣りには向いておらず、キャスティングで釣る距離、状況である。

使う際のコツ
フッキングとファイティングは必然的に使うベイトのサイズが小さいためライトワイヤーのフックであることから、あまり強引なことはしないほうが良い。
キャスティングには、フェザーリングというベイトキャスティングタックルで言うところのサミングを行ってキャスティングをコントロールする;人差し指をスプールに当ててラインが出ていくのをコントロールする。練習するには、ロッドを11時ぐらいの角度で立て、ベイトが地面に着地する寸前に人差し指でスプールを押さえるということを何度か行えばある程度フェザーリングという感覚が身に付く。スピニングにはフェザーリングで補えないスプール1周分の誤差が出るため、最後の細かいコントロールはロッドワークで行うことになる。
映像で確認したことがある、確認できるという点でシマノから出ていたVHSでバーニー・シュルツ、CS放送で田辺哲男氏がスピニングタックルでの秀逸なキャストを見せてくれる。バーニー・シュルツのVHSはベイトタックル、スピニングタックル共にキャスティングに焦点を当てていることがほとんどなので一見の価値があるだろう。スピニングタックルの最後の細かいコントロールをロッドワークで行っているのを目視することができる。
リールは当然人差し指がスプールに届くことが前提であるが、アメリカのバスプロは主に3000〜4000番台を使用していることが多い。利点としてベイトリールより早く巻き取ることができるといった点がある。
リールのバックリーリング機能;バックリーリングとは魚とのファイティング中にドラグが効くことは当たり前として、リールを逆転させて糸を送り出すという動作。魚が素早く走っていった場合、ドラグで追いつかない場合にこの動作を行う。日本ではレバードラグという磯の上物釣りで使用される便利な物が存在している。それを使用する際、基本的にバックリーリングで魚とやり取りをするためドラグはまず不要である。5,000円を下回るリールを除き、近年のリールの進化からドラグに頼っても問題はないだろう。

基本的にこのような考えがアメリカのバスプロがスピニングタックルを組む理由となる。また、スポーニングベッドを狙う釣りにもスピニングタックルがよく使用されているが、ラインも日本規格で見れば8〜12lbといったラインがメインである。また、ディープウォーターでデプスファインダーを見ながらヴァーティカルに釣りをする際もスピニングタックルが組まれる。前述したように回収が早いというのがその理由である。

フィッシングエルモ的なロッドワークを主体とした組み方
ロッドレングスがロッドワークから得られるアクションの変化のつけやすさ(トゥイッチ、ジャーク)から6ft前後のショートロッドである。
ラインは8〜12lbのモノフィラメントを使用し、ラインの伸びを極力少ないセッティングにする。ブレイドラインはその伸びの少なさから最適に思われるが、必然的にラインスラックを出す釣りとなるためスピニングバックラッシュというリスクマネジメントが必要となる。フロロカーボンも伸びが少ないが、そのラインの自重から引きずられるようになり動きにキレが生まれない。しかし、春のスポーニングシーズンは捕食行動を刺激する動きのキレより、ディープからシャローに上がってくることからコンタクトポイントへのレンジアジャストという要素が重要となる。そういった点で細い糸とフロロカーボンは有効となる。アングラー側が考える点として、モノフィラメント、フロロカーボンといったその材質、太さ全てで動きが変わるということを考慮しておく必要性がある。
スピニングタックルでのジャーキングは潜行深度を稼ぐという意味が一番大きく、その次に小さなジャークベイトのキャスティングのしやすさとなる。
小さなクランクベイトを使用する際もスピニングが活躍することがある。具体的にノリーズのオリジナルショット、ノーマンのDTNといったベイトである。その小ささ故にベイトタックルを組むよりスピニングで組んだ方が飛距離という面で利点がある。フェザーリング+ロッドワークのキャスティングを習得さえしてしまえばベイトタックルでないから正確性に欠けるということもなくなるだろう。
クランクベイトに使うロッドはモデレートテーパー、クランキングロッドと言われているロッドが最適である。
ラインもカバー周りを攻めることを考えれば10〜14lbのモノフィラメント、フロロといった選択が考えられる。しかし、フロロはその伸びの少なさからロッドをわずかに低弾性にする、グラスロッドを使用することを考慮する必要性がある。モノフィラメントとフロロでは潜行深度が変わるということも忘れてはならないだろう。ブレイドラインは擦れへの弱さから、それを補うために使用するラインの直径が太くなり結果としてそれほど差が出ないことがあるため必要性をそれほど感じない、また使用する際は低弾性のロッドにすることも必要だろう。個人的に使用する状況を考えると1ft前後の水深に木などのカバーが絡むと考えれば潜行深度をそれほど稼ぐ必要性をそれほど感じないためにモノフィラメントという結論に落ち着く。



参照
DVD BASSMASTER UNIVERSITY"Ultimate Tips & Techniques Series 'Successful Presentation Techniques'"
エルモとマシューのアメリカンルアー ばんざい! 本物は生き続ける!!
3/28 http://fishingelmo.blog.ocn.ne.jp/americanlure/2009/03/post_cc9c.html
5/9 http://fishingelmo.blog.ocn.ne.jp/americanlure/2008/05/post_b966.html
5/12 http://fishingelmo.blog.ocn.ne.jp/americanlure/2008/05/post_2781.html
6/4 http://fishingelmo.blog.ocn.ne.jp/americanlure/2008/06/1936_1c9f.html
6/5 http://fishingelmo.blog.ocn.ne.jp/americanlure/2008/06/1936_a05e.html
6/27 http://fishingelmo.blog.ocn.ne.jp/americanlure/2008/06/post_196b.html
10/2 http://fishingelmo.blog.ocn.ne.jp/americanlure/2009/10/post_bedd.html

tag : Spinning Tackle Jerkbait Crankbait

Kevin VanDam has 18th Victory in Elite Series

Kevin VanDam was won Tennessee Triumph.
How KVD Did It: Kentucky Lake
"I love to fish offshore structure — ledges and drops — with crankbaits."としているようにオフショアストラクチャーのイラストの偏見はほぼ予想通りの展開といったところでしょうか。
He primarily worked two Strike King crankbaits, a Series 6 XD and a silent stalker in chartreuse sexy shad, which boated the majority of his weighed bass. He mixed in other lures, but as in years past, the crankbaits were the main weapon of choice.
使ったルアーですが、ストライクキング/シリーズ6XDとサイレント仕様の6XDでしょうか、色はチャートリュースセクシーシャッドカラー、そしていつもの聞き捨てならないmixed in other lure というところです。想像するにKVDのこれまでの功績でディープクランクを使用していた場合、ボックスに入っているのはファットフリーシャッドです。実際にESPNのスタジオでもファットフリーシャッドも時折使用して入れ替えていたとMCが語ったこともあります。
ストライクキングのサイレント仕様はバスプロショップスで購入することができます。
"Both baits were modified with 1/0 Mustad KVD Elite Triple Grip Treble Hooks."もうひとつの工夫というか商売上手なところはしっかりとマスタッドのKVDモデルのトリプルグリップに変えていたという点です。しかし、このトリプルグリップに関しては、前モデルからKVDはリップレスクランクに用いることが多いと彼の書籍でも語っています。("Kevin VanDam Secret of a Champion"2002より)
ディープクランクに組んだタックルは
I threw both of them on my 7-foot, 10-inch Quantum Tour Edition KVD Cranking Rod with a Quantum Tour Edition KVD Reel (5.3:1 gear ratio) and 12-pound-test Bass Pro Shops XPS Fluorocarbon line for both baits. I needed long casts and the ability to get my bait down to the bottom. That's the perfect combination for that kind of bass fishing.
7ft10in クァンタムツアーKVDクランキングロッドに同社のリール、ツアーKVDリール(カタログスペック;ギア5.4)にバスプロショップスのXPSフロロ12ld(しかし、日本の標準直径では14lb程度になります)を使用しています。
この手のディープクランクを組んだ場合、ローギアにするのは潜らせるという意味で必須だと考えられます。
これから先に進むアングラーにとってはどの角度からレッジやドロップにコンタクトさせたかというリトリーブパスが非常に気になるところだと思われます。しかし、ESPNの放送が早くて7月4日、さらなる詳細となるとBASS TIMESやBASSMASTER MAGAZINEということになり1〜2ヶ月先ということになります。

参照:http://sports.espn.go.com/outdoors/tournaments/elite/news/story?page=b_ES_2010_tenntriumph_Grassian_D4Gamer&v
BASS Insiderメンバー専用http://proxy.espn.go.com/outdoors/bassmaster/members/insider/story?page=bi_details_Elite_Kentucky_10



KVD自身が語る彼の強さとは
Kevin VanDam has a trophy case that’s the envy of anyone who’s ever cast a rod and reel. … So what does VanDam think the average fisherman could do better?
“I see a real lack of attention to the details,” KVD says. “They don’t replace the factory hooks on a crankbait with quality hooks. They don’t change their line often enough. They think, ‘Well, I should have 14-pound test for that crankbait, but 10 will work.’ They’ll throw a white spinnerbait in clear water when they know they’ll probably get more bites with a translucent shad pattern. You could say it’s a lack of attention, but it’s also laziness,” he adds. …
If you’ve seen VanDam cast, you have an idea of what’s possible with a rod and reel. He’s a magician who seemingly can put a lure anywhere and from any angle.
“Most of the bass I catch during the Elite Series season are not feeding.” VanDam says. “I catch them because I’m able to make a good, accurate, soft presentation that takes the fish by surprise and creates a reaction bite. You can’t do that with a sloppy, inaccurate, splashy cast.”
And you can’t get better without practice, either, according to VanDam. Even at his level of proficiency, BASS’s all-time money winner knows the value of practice. As good as he is, he believes he always can be better, so he practices during the off season and between tournaments.
“The worst place to practice your casting is probably on the water,” VanDam opines. “You’ll be too busy worrying about getting bites. The best thing to do is practice in the backyard or at a swimming pool.”

アングラーがいかにしてadvanced angler(一歩進んだというニュアンスでしょうか)になるのかというKVDの意見です。聞いても当たり前だと思われるかもしれませんが、それの繰り返しが非常に重要なのはどんな活動でも同じでしょう。そして彼の意見は前述したフックのように「アングラーのミスとして細かい部分への配慮が足りていない」と言っています。例えば「クランクベイトに付いたフックを開封してから変えていない」つまり針先が鋭さを保っているのか確認をしていない、同じように「十分にラインを交換していない。14lbで投げているが10lbの方がルアーがよく動くなど」、また「スピナーベイトのカラーにしてもクリアな水域で白を投げて数匹釣ったとしても、シャッドに付く魚を釣っているのであればクリア、半透明なスカートの方が効果的であるにも関わらずそれを無視している。またはそのスピナーベイトを変えようとしない」というような注意力の欠如、怠慢な態度は多くの魚を逃すと意訳することができます。
しかし、内藤さんの言葉を借りるのであれば、一般のアングラーがカラーを気にしてもそれは全体の10%程度だと言っています。それより魚の反応するゾーン、スピードが80〜90%を占めており、こちらを優先するべきだと言っています。つまりルアーのカラーを合わせていくということは0尾を1尾にするのではなく、キャッチできる魚を5尾から7尾にするといった考え方であると言えます。それはトーナメントといった世界では非常に重要ですし、それこそadvanced anglerを目指す人には重要なことです。
KVDはキャスティングについてもどんな場所でもどんな角度からでも投げられると言われており、エリートシリーズという過酷な場面でも魚を捕らえることができるのは「いつも正確性、ソフトなプレゼンテーションをベストな状態でしているため魚が反応してくれる」と言っています。逆にそれらを怠ると魚は反応してくれなくなるとも言っています。そういったキャスティングは練習するしかないとも言っており、「水の上で練習すると魚の反応を得たくなり、キャスティングの練習ができなくなるため、庭やプール」で練習することを勧めています。しかし、プールなんてねぇよというツッコミはなしの方向で・・・
内藤さんの2009大阪フィッシングショーのトークの内容も含めて、個人的にも陸上での練習はキャスティングを見直すには非常に重要だと考えています。重さを僅かに変えてもベストなキャスティングコントロールのセッティングは変わってきますし、何より真っすぐ振れているかということが等閑になりがちです。ロッドの使用しているカーボンの含有率やグラスロッドでも振れ方が違ってくるのでベストなセッティングを見つけるのも面白い作業です。また自分の場合、的当てをしているといかに自分がロッドワークでラインとルアーの軌道修正をしているかを確認することができるので、真っすぐ振れるように修正しています。
KVDはこういった細かいところにも常に注意を払っているといった一例です。彼の*1)著書でも、スナップの使用を勧めていたりします。またスプリットリングを外さずにスプリットリングにスナップを付けると言っています。これは大きめのクランクベイトであれば跳ねた後に一瞬サスペンドする間合いができる、ジャークベイトであればerratic action,不規則な動きがさらに出る。このようにルアーの動きが全く変わるということを言っています。スプリットリングに接続しないとその動きはまた変わると言っておりこういった細かい注意力は見習うべきだと思います。スナップ全否定の人たちもいますが、どちらが魚を釣っているかという判断から私はKVDを支持します。またこのスナップ+スプリットリングは田辺哲男さんも自信の開発したルアーに採用しています。またKVDはスナップの使用に関してはかなり自信を持っているようで、プールでテストしてみれば分かるとも言っています。KVDをあまり知らない人、アメリカのツアーに参戦している人を知らない人には、細かさに関して言えば日本人の方が優れているのではないだろうかという偏見は、KVDのこれらの例からも、実際自分が思ったことでもあるように見事に打ち破られたのではないでしょうか。

下記のリンクにスキート・リースも同じように細かいところに注意を払っているといったことが書かれていますが、本文の本意から逸脱しそうだったので省略しました。全文が英文ですので読める方はどうぞ。Ikeなんかのインタビューもあります。

参照http://lighthousepatriotjournal.wordpress.com/2008/02/28/kevin-vandam-and-common-fishing-mistakes/
*1)"Kevin VanDam Secret of a Champion" by Kevin VanDam with Louie Staut 2002,kvd PUBLICATION


最終戦が始まっていますが、KVDが初日8位と好位置につけています。このままシーズン2勝目を上げることをもやってのけそうな彼ですので期待しています。Skeet's seasonとBASS TIMESでは表紙となっていますが、KVDが2勝目をもし達成したときには、ポストゲームで昨年や07'のような2人のAOY争いが見られるのでしょうか。

tag : Kevin VanDam KVD BASSMASTER Elite

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4