その透明な嵐に混じらず、見つけ出すんだ。

 Bassmaster Elite Series at Toledo BendでWinnerとなったKevin VanDamの釣りをいかに誰も見ていないかということを悪い商売を企む連中がひけらかしてくれて、当方はどこにこの怒りをぶつけるべきなのか些かストレスが溜まります。

 まずKevinのディープ側の釣りにfeather jigことduck featherをテールにしたbuctail jig, すなわちpreacher jigモデルのジグを使用していることを表向きに公開したのは5年も前になる2011 Elite Series Dixie Duel at Wheeler Lakeになります。これは明らかに当時同船して報告してくれたMark Zonaの功績です。そして明確に使用方法を公開したのは2015 BASSfestのLIVE中継からでした。今までのビッグスプーンで行っていたロッド・ストロークではなく、リーリングでディープ側を効率的に、取りこぼしなく魚を釣るための戦略として非常に賢明な選択肢として、2011年に当著者の脳裏に強く焼きついたこの戦略は、その具体的な使用方法を見たことによって全てが結びつきました。例えば、Bobby PadgettがBill Conine’s Jigの頃のPreacher Jigで釣っていたことと、その後Preacher JigをMann's baitが買収した頃の事情を詳しく記事にしろとは言いませんが、2011年から5年もあったのだから、もし高等教育を卒業したという自覚が少しでもあるのならばその話題にたどり着けるぐらいになってなければいけません。そしてBobby Padgettの出来事も1996年とたかだか20年前の話題です。
 次にswing headは2年前のBASSfest at Lake Chickamaugaから使って当時AOYポイントに加算されないeventだったものの2位で終えています。さらに2015年の同じくBASSfest at Kentucky Lakeでも全く同じと言って良いセッティングで2位となったことで途切れてしまったClassic出場を再度成し遂げたという経緯があります。使用しているベイトが、Strike King Thumper Wormということすら知らないの?去年の今頃の彼のブログすら読んでないの?という状態です。そしてswing head jigは基本的にロッド・ストロークでリトリーヴで使うものであって、リリーリングでリトリーヴしていたのは先のプリーチャージグの釣りです。
 Kevin VanDamはcrankbaitの人ではなくて、spinnerbaitの人です。それはRick Clunnも同様です。そして、Kevin VanDamがクランクベイトを使う話になった時に、特にdeep diverの時に、なぜ引用としてDavid Frittsが出てこないのかが不思議です。Kevinが長らくグラスコンポジット・ロッドにこだわった理由も、ボトムノックさせないクランクベイトという戦略を組み立てた先人としても、David Fritts無しには語れない内容であるにもかかわらず、結果のみでしか語られていません。例えば、Kevin VanDamがフロントデッキのキャスティングシートを使用している時と使用していない時の釣りの違いについて語るにしても、やはり今回がdeep diving crankbaitであったことからDavid Frittsを無視して語るのはやはり取材不足と断言できます。
 HydroWave知らんって何なん?(笑)オリジナルがBiosonix BSXという名称でDr. Lowren Hillが発明したなんて少し調べればわかることなのですが、その調査すらしないというのは一体彼らは何が目的なのか非常に如何わしいということです。

 一体何が言いたいのかというとその程度で「KVD fanaticを気取ろうなんて100年早い。」ということです。そしてそんなスキでもないものを流布する行為が、新規参入者にとっても、我々にとっても良い影響を与えるはずがないのです。

 嵐が追いかけてきた。これが最初、大切なものから壊していくっていう警告。透明な嵐は全てを壊していく。私たちがすり減って消えてしまうまで。

Real Bass Fisherman NEVER Say “We can’t fish here.”

A password is required to read this journal.
Enter password

Real Bass Fisherman NEVER Say “I have one rod that does it all.”

A password is required to read this journal.
Enter password
Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤
僕たちのヘドンストーリー 3  ヒロ内藤

僕たちのヘドンストーリー 3  ヒロ内藤
価格:4,104円(税込、送料別)

【ポイント最大5倍UP!5月21日(水)AM9:59まで】●【DVD】僕たちのヘドンストーリー3 ヒロ内藤 ...

僕たちのヘドンストーリー3 ヒロ内藤
価格:4,104円(税込、送料別)

Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4