ネット上でおそらく悪口も相当書かれているのではないかと思うが、それも気にならない。もしも僕に何か言いたいことがあれば、いっそ手紙でもくれた方がいい。しかし、実際はそんな手紙が来たためしはほとんどない。みんな僕に言いたいことはないのかもしれないが、伝え聞くネットの中での熱狂と、現実世界の静かな反響の違いはどうしたことなのだろうと、不思議にさえ思う。

 このタイトルを使う日が来るとは思ってもみませんでしたが、世間的にエクストリーム・謝罪でストレートやらかすような人をエクストリーム・逆ギレで擁護しちゃう世界のことを一体どう信用しろと言うのでしょうか?釣り産業の闇そのものなのでしょうか。裏でリンクしていることがすぐにでも臭ってしまうような過剰な加害者擁護というのは冷静な見解からして見るに耐えないものであり、工作活動している連中って本当にどの世界においても脳味噌空っぽな連中がやっているんだなという偏見があります。コピペですが普段から「自分の頭で何が正しいのか」考えられなければ、例え小奇麗な服を着ようが選挙権を持とうがつまるところ知性面での奴隷だと思う。そういう人生が幸せか不幸せなのか、奴隷ばかりの会社が良いのか悪いのか当著者は知らなくて、ただ「悲しい」と感じるだけだけど。そんな工作活動しちゃうような知性面での奴隷達にこの言葉を贈りたいと思います。しかし大事な教訓を懇切丁寧に贈ったところで理解できないだろうから感謝すらされないという偏見があります。とりあえずエクストリーム・逆ギレにノミネートしちゃったうっかりさんたちを2014年の強烈なメンバーも含めみんな許してあげないといけないですね(笑)
 ある種の愛を諦めなければ、何かを犠牲にしたとしても、排除する圧力によって透明にされることはありません。


 さてBassmaster Classicで誰も触れようとしない話題について綴っていきましょう。
 Expo会場でhttp://www.bassmaster.com/video/12-hours-bassmaster-classic-live
といった映像の内容をB.A.S.S.が配信していました。そこでMark Zonaが声をかけたのがDon Iovinoでした。髭の無い現在のDon Iovinoが元気で何よりであると共に、2004か2005年あたりにGary Yamamoto's INSIDER LINEなどの写真で見ていた顔でないのでLegend Don Iovinoと明確に自分の耳に届いているのですが本人であるかどうか戸惑い驚きました。確信を持ったのはインタビューが進みdoodlingと言った瞬間でした。
http://bassfishingarchives.com/western/don-iovino-western-doodle-king
 Terryさんのところにも出演してくれています。そこでのインタビューがTerryさん特有の興味から入っているあたりが自分の聞いてみたいところと非常にリンクしていて楽しかったので紹介します。
 Don Iovinoが最初にシェイクというテクニックを使用して釣りをしていたのはnight crawler, ミミズだったことを教えてくれます。さらにその魚種はバスではなく、トラウトだったと言います。George Cochranがトーナメントを教えてくれ、試してみようと考えたそうです。Black and brownのwormを使って、シンカーとビーズを使った釣りを「ストラクチャーの上」で行ったと強調して、その当時は皆岸にキャストしてリトリーブしてくるのが一般的だったこととの差を教えてくれます。ここでTerryさんがシンカーに色を塗ったのはあなたが初めてかどうか質問します。本人は"no idea",わからないと答えますが、black, red, green, brown, purpleの5か6色ぐらいワームに合わせて使用していた事実を語ってくれます。Gary Kleinなども言っていますが、sissy baitなんて揶揄されても実際に勝ったという実績がありました。そしてこのインタビューが行われていた今現在を見て、Dean RojasにCasey Ashleyがデプスファインダーを使ってストラクチャーの上でシェイキーヘッドを使いシェイクするといったdoodlingそのものをしているという点について釣りそのものが変わらない本質的なものを把握していたことに誇りを持っているような受け答えをしてくれています。

 この話の要点から歴史と今をつなぐ、そこにある確かな体系を感じることができなければ、それは勉強不足です。単純に理解するために必要な情報が足りていません。体系化されているということは、そこには不変の理念があるわけです。この場合、シャローでしか釣ってこれなかった人間が大半の中でfish crazyと数えきれないぐらいの魚を釣っていたことを伺える発言をしているように、ディープ側でelectronicsことデプスファインダー、当時の呼び方であればむしろfish finderが適切かもしれません、それを使用してverticalという釣りを展開したわけです。さらにラインサイズを落とした今のfinesse fishing, 昔のsissy bait fishingを発展させた張本人なわけです。後にflipperでjig fishermanのGary Kleinを代表とする人がそのvertical fishingがflippingのそれと同じであると体系化して今に至ります。Pitchingを多用するDenny BrauerだとかTommy Biffleに代表されるflipperはそのfinesse fishingを得意とはしないのはflipperと一口に言ってもその中でさらに細かく分類できるということです。もちろんその分類方法は文章のトップに書いたpitchingとflippingという似ているようで全く違うキャスティング・ディスタンスにあると当著者は体系化しているわけです。ピッチングはルアーに誘いをかけるとどうしてもラインの角度でリトリーヴになるという意味です。そこで必要な条件を求めたピッチング・ロッドとDee Thomasを始めとしたGary Kleinの言うフリッピング・ロッドは別になったりするわけです。
 閑話休題、またストラクチャー・フィッシングが必ずしもルアー・フィッシングを意味すると思ったら大間違いであるというのもストラクチャー・フィッシングを連呼したがる悪い商売をしている連中は知らないという偏見があります。自分で調達した船で船頭もガイドもなしに餌釣りをしたことがあれば、そのストラクチャーというのは言われなくても当たり前のように使われる、その語彙を知らなくとも利用している概念です。その理解を基盤として、そのとあるスポットでsuspend fishをverticalに釣るために必要としたツールとしてそのdoodlingのリグが生まれたのです。同じディープ側での釣りを得意としていたproと言えばTom Mannがいましたし、彼も4-pound testといったラインを使用することがあると言っていたことを思い出します。両者に共通している点は、ストラクチャーという地図から読み取れた情報に加えてelectronicsの出現で足下の実際の変化を読み取って情報として扱うことができるようになった革新があったということです。
 またDonは、シンカーにカラーという概念を持ち込み、使用するワームと同じカラーにすることで魚への見せ方を変えるという手段を用いています。そのウェイトのカラーというのは近年のタングステンに変わったウェイトを見ても何色も販売されているように、誰が最初にやったかということを除いても効果があると多くの人に認められているアイディアであり、Donがそうしてきたのは正しかったということです。

 さて歴史を踏まえた上で現代のテクノロジーを用いた彼らがどんなアイディアを持ち込んでくれるのかという点については、正直Bassmaster Classic 2015で感じたプロ達の水準低下を見る限り、若干期待したいところです。
https://insightstore.navico.com/insightgenesis
 後ろに見える新しいサービスにしても非常に興味深い、今後起こり得る「今までなかった何か」が生まれそうな気配があります。サービス終了と共にデータの扱いがどうなるのかという不安はよぎりますが、ボートで釣りをする人口が安定している国であれば杞憂に終わるという見方もあります。逆に日本ではボートの釣りが一般的でないことが原因で一切流行らないという予想ができます。また必要以上に秘密主義で公共の利益として釣りを教えるということができない人だらけである現状を見れば、ソーシャルメディアとリンクすること自体に意味を見出せない人だらけだという偏見もあります。国を問わず、悪巧みするために使用するならSNSというのは非常に便利であるという見方と偏見もあります。

 今回の件から学ぶべきことは、古今問わずその世界に革新を起こす人間というのは特定の人間であって、その人間は決して透明な多数派の中から生まれることはないのです。そして、彼らの聡明さは時間が経過しようとも変わらず聡明であるということです。

現代日本ほど言葉が軽んじられた時代はないだろう。若者たちが次と新しい言葉を発明しては使い捨てていくのと同じように、評論家は何ひとつ有効な言葉を見つけ出せず、テレビは模倣された言葉を無批判に垂れ流していくばかりだ。何かの事件が起きると、ジャーナリズムはゲームやアニメや漫画に原因を見つけようと躍起になる。テレビのワイドショーではコメンテーターと称する人たちが、本質とはかけ離れた議論を繰り返している。何の発見もない言葉だけが無意味に再生産され、際限なく展開されていく。

http://www.bassmaster.com/bassmaster-classic-live

 Mark Zonaはspotted bassの重要性、largemouthと比較して低水温でもバイトしてきてくれるsmallmouthにも似た性質を説いているわけですが、これの問題点はフッキングしたとして本当にボートに上げられるのかというところに集約されます。Smallmouthもspottedもフッキングしてからlargemouthと比較すればしっかり暴れるため、せっかく掛けたフックが外れるわけです。Classicという大舞台で何尾も逃したとしたらそのアングラーのメンタルは一体どうなるでしょうかという問題点のことです。何尾も掛けて何尾かは獲れるけれど何尾もの数を逃して崩れるぐらいならば、最初からstay shallow, live shallowと言って心中するような気持ちでシャロー側を釣っている方がメンタル的には健全で、それが結果として残る可能性があるという意味です。
 もう少し詳しく言えば、フォーマットとして最終的に5尾のウェイトが最も重い人が勝つわけですから、15バイト中の7尾獲れてその中の5尾をwigh-inした人のメンタルと、5バイト中5尾を獲ってweigh-inした人のどちらがメンタルとして崩れないのかということです。もちろんそのpersonality/性格によるわけですが、Aaron Martensを筆頭に逃した魚から崩れていった人というのはBassmasterの映像中でも何度も紹介され、見ることができます。

ここまでで更新ボタンを押し忘れて寝オチ。

 さて結果的に30 feet だとか40 feetで釣れるherring(ニシン属)についている魚を釣ったようです。例外的に、2 to 3 feetというのがあります。しかし、上位メンバーを見ればフリッパー達です。世の中のアングラーは性格としてcaster, キャスターとflipper, フリッパーに二分できると言ったのはRick Clunnですが、その分類を使用すれば上位メンバーは基本的にボートをそれほど動かすことなく釣ることが得意なメンバーです。きっと彼らのプロフィールを見ればシャローのフリッピングが得意であろうという内容が見られるはずです。
 さてその餌となっているherringですが、想像以上に回遊して10 milesを余裕で動くような魚であるとCasey Ashleyがインタビューで答えているように、再現性があるのかどうかは非常に疑問に残るところです。それ以前にコメントに当著者が残しましたが、土曜日から最高気温が上がる春の前触れが訪れるわけで、展開が大きくは変わらずとも何かしら釣れている魚に変化が出ることは間違いないでしょう。
 水曜日のpracticeでLowranceユニットの不調を調整していて28分の帰着遅れでペナルティとして初日のスタートを遅らされたDean Rojasがトップにいるという、2位につけるメンタルのあまり強くないSkeet Reeseもインタビューで戯けながら驚くそのメンタルで今回のClassicを制覇したりするのでしょうかというのが一般的な見所かと思います。
 個人的な見所は、見つけていたスポットから魚が居なくなってアジャストする前に時間切れとなりウェイトを落とす上位メンバーの姿しか想像できないわけで、そこから脱する新しい感覚を掴んだ人が出てくるかどうかという部分です。


2/22 23:00頃の追記
 寝オチ前提で更新しておきます。
 やはり地元ということで、当ブログの昨年のClassic,ダークホース候補だった、Casey Ashleyが前面に押し出される展開のようです。Blueback herring, ブルーバック・へリングの動きを手中に収めているという点では最も安定感が期待されます。
 個人的にはコメントにも書いたRandy Howellの怖さがあるので、当著者的にはこの2人を候補としたいところです。もちろんPaul MuellerやMike McClellandのことを忘れているわけではありません。現実的に最後にトップに立てそうな候補を見ただけです。予想していた通り、初日Mike McClellandがジャークベイトで最初の1尾、ウェイトのそこそこある魚を釣っていただけで満足です。Paul Muellerも最終日の6位圏内ことSuper 6にはなれなかったものの8位だったのでそれも予想的にはそこそこ満足のいく結果です。

 しかし、Casey Ashleyが勝ったらどこぞの問屋が調子に乗ってSworming Hornet Fish Head Spinみたいな製品を輸入するのでしょうか。既にされていたような気がしないでもないのですが、きっと誰も注目しないという偏見もあります。そういう意味でNoriesこと田辺哲男さんデザインのプロリグスピンというのも不遇に思えます。Ecogear名義でしたがブレードスピンにしても2012 Classic Red Riverでソフトスティックベイトのテールに付けるチューニングとしてKeith Pocheが紹介したわけですが誰も注目しませんでした。今回もそうなるのだという偏見のことです。もしかしたら類似商品を乱発する方かもしれません。
 それでも故Cordellさんは類似品が出てこないことには競争が起こらず製品の改善にもつながらないと産業全体のことを考えていたといいますが、パクりだの何だのという批判するばかりの日本で製品の改善が起こらないのはそういうところではないのかと伺うことができるという偏見も生みます。

 そんなわけで最終日はCasey AshleyとRandy Howellの2人をメインにとんでもない逆転劇を期待したPaul Muellerを応援したいと思います。

追記
23日22時頃
http://www.bassmaster.com/news/father-knows-best
Casey Ashleyが勝ったわけですが、Father knows bestというタイトルが付けられているように父子とのつながりを非常に意識した地元重視で保守的、居住場所としての州や町を離れない非常に小さなコミュニティを軸に生活しているという本来の意味でのヤンキー文化を垣間見ることができます。それが良いことだとか悪いことだとかいうものではなく、文化としてそこを精査しておくべきだということです。
 さて、Casey Ashleyが勝ってほっとしているのは自分だけだという偏見があります。初日のafter weigh-in press conferenceでのblueback herringに関しての話題に興味を持って自ら話そうとしていたのはCasey Ashleyだけだったからです。そのherringの動きを捉えていたからこそ勝てたわけですが、その動きを掴めていない中途半端な人がトロフィーをさらっていかなくて非常に安心したという意味です。
 しかし、これは反対の見方もできます。とうとうElite prosであっても知的好奇心を失ったのかという失望です。少し前であれば、Ken CookやLoren Hillといったfisheries biologistでありながらアングラーでもある人たちがいたものです。今でもDr.Hal SchrammやDr.Mike S.Allenがいますが、釣りと密接かと言われると若干疑問な部分があります。今でももちろんそういったお膳立てというか事前セッティングしていればそのヘリングについて語れるのかもしれませんが、そういったインタビューの場面で話したとしても一般論的な仮説を述べるに終始し、興味を持って語ろうとしなかった点について、ここまで競技者水準が下がったのかと驚きました。今や昔のこととなるのかもしれませんが、知的好奇心に溢れた人たちで争っていた情熱を感じなかったということです。アメリカ合衆国という国もモノが溢れてあらゆる釣りの水準が下がったというのは当ブログが随分前から述べているトピックでありますが、Bassmaster Classicですらその水準低下を目の当たりにするとは想像しなかったという正直なところです。
 別の視点から探ってみれば、地元出身の競技者がそのeventで勝てないというのが一種のジンクスとして噂されていました。反対に個人的な視点から見れば、地元だからその湖や河川に詳しいだとかいうことをadvantageとする意見があるわけですが、そんなの地図、map studyと魚の動きさえ知っていれば何の利点にもならないというのがトーナメントの結果と勝った人間の口から話されるインタビューで理解できたものです。それがRandy Howell以降地元出身の人間が勝って有利なのだとすると、トーナメントの中身自体の競技者水準は年々下がっていっていると見ることができるのではないかということです。情報戦で、狭いスポットさえプロテクトして釣っていれば勝てるというパターンだとかそういうバス・フィッシングがバス・フィッシングたる所以を除いた展開が今後のメインとなるのであれば、それは非常に悲しいことです。

 ここだけ新規の人が読んだら随分Randy HowellとCasey Ashleyを軽蔑しているかのように思えますが、昨年当著者がRandy Howellについてre-tyingというフロロカーボンを結び直す習慣について賞賛していたり、勝者に対する敬意を忘れたことなどありません。むしろRick Clunnを軽々しく神様だとか言ったり、大して興味も無いのに大森さんを応援しているだとか言っている連中の方がよっぽど失礼だという偏見があります。当ブログで述べていることは事実を集めてそこから見えてくる何かについてを深く考察しようというのが目的であるというトピックを理解できない人には何一つ通じないという偏見もあります。
 そういえばここだけの話、pony headという単語を聞いてやっと出てきそうで出てこない単語が解決しました。Underspinじゃなくてpony head jig, この単語が出てきそうで出てこなかったわけですが、知人の発言で思い出すなどしたあと再びCasey Ashleyの口からも聞けもう忘れそうにありません。Underspinなどではなくpony headです。今、大事なことなので2回言いました。
 いずれにしてもCasey Ashleyはこの1勝で5年はblueback herringを始めとするherringを餌とするときの記事に必ず使ってもらえることでしょう。この先知的好奇心旺盛な人でherringについて語れる人間が1勝もしなければ10年は安泰かもしれません。今後Casey Ashleyが語ってくれるであろうそういったherringの特徴だとかパターンに当著者はとても期待しています。今回も晴天時のhigh pressureの最中には、プラクティスでは立ち木に群れる魚をジギングスプーンで釣っていたようですが、ヘリングの群れがフラットに移動しておりそのフラットで経験したことの無いほど今回のClassicでは釣れたのだと語っていますからその行動パターンをきっと優秀な学識のある記者が体系化したりイラスト化して紹介してくれることでしょう。これでもしヘリングという魚への理解がアメリカ合衆国中で深まったとすれば、彼の偉業はその勝利だけでは語れなくなるのです。

この世は模倣されたモノたちで満ちあふれている。そして、ジャーナリズムの進歩が模倣の速度を驚異的なまでに引き上げている。あらゆることが一気に全世界に広まり、次々とブームが作られる。これからの世界を生きる人間は、このブームの中に隠れている本質を、いつも注意深く見つけ出す努力をしていないと、自分の立ち位置を失ってしまうことになるだろう。

 恒例のBassmaster Classicの予想をするまでもなく時間切れ同然ですが、投稿だけしておこうと思います。
 大事なことなので何度でも言うように、大切なのはウィニング・ベイトなどではなく、その釣りの本質的なプロセスです。そのプロセスを形成するために必要なものはperspective/全体像です。何の全体像かと言えばそれは湖の地理的な配置です。南で開催されれば季節感の進行は日本人の想像より早いし、北であれば想像以上に遅くなるということです。
http://bassanglerspirit.blog127.fc2.com/blog-entry-296.html
 この時期に何度も引用している当ブログの投稿の一つです。今回の開催地はLake Hartwell, South Carolina州とGeorgia州の境にあります。リンク先の画像と地図を参照してもらえればhighlandが絡んだ場所となることが理解できるはずです。きっとpre-spawnなんて語彙がまた飛び出すでしょうが、基本的に多数派の魚は冬であると考えても間違いはないはずです。

 さて2008年も同じ場所でClassicが開催されたわけですが、個人的に強く記憶に残っているのはコレよりコレです。当時は話したところで誰にも理解されず、Kevin VanDamスゲーなんて一人で感心していたものです。何が凄いかといえば、本に書いてあった通りにフラットサイド・クランクベイトにclip-on weightを取り付けて潜行深度を自分の望む水深に調整していたり、フックをこの当時から1X strongのエクストラショート・シャンクに変更していたところです。本人が本に記した通りのことをしているし、それを公表しているし、何よりそうやって常に魚に近づけていこうとするその態度に感動したのです。高い水準で安定した成績には理由があるというのを見せつけられたわけです。
 その肝心のKevin Vandamは今回はEXPOの方にしか参加できないわけで、当著者はとってもテンションが下がっているわけでもあります。

 さて、当投稿自体がやっつけということで適当にSuper 6に入りそうなところでも予想しておきましょう。
Ott Defoe
Brandon Palaniuk
Randall Tharp
Mike McClelland
Scott Rook
Paul Mueller

 Ott DefoeとBrandon Palaniukは完全に個人的な好みです。Randall TharpとMike McClellandは有名どころであり、日本では話題に挙ってきそうで挙らないであろうところです。IkeとかA-martとか挙げても当ブログ的にはどうしようもないという意味も含まれています。Scott Rookもある意味個人的な好みですが、ベテラン枠として応援せずにはいられないところです。今回のダークホースとしてPaul Muellerを挙げておこうと思います。なぜかと問われると困る訳ですが、ジグとクランクベイト(もちろんリップレスも含めて)がメインになるとすれば、Paul Muellerは見逃せない何かがあるのではないかという予想です。
 そんなことを言いながらハンドポワードか何かのソフトプラスティック・ベイトでドロップショットがウィニング・ベイトだったりしたらそれはそれで日本では盛り上がらない気がするのでその方が良いなと思うなどしています。反対にRapalaのShad Rapなんかがでてくればミーハーな連中がまたこぞって騒ぐという偏見があります。それもモールドが変わったからルアーが別物になっただとか、バルサ製クランクベイトの若干の違いを騒ぐ割にRapalaだってその形状が微妙に違っているのにも関わらず一切触れようとしないそういうドーデモイイことしか気にしないミーハー連中のことです。
 このような感じで、今回のClassicはまともに分析できないであろうということを先にお伝えしておきます。内容があまりにも面白そうであれば追ってその中で何が大切なトピックなのかという分析を加えたいと思います。KVD不在ということで、おそらくここ数年で最も個人的に盛り上がらないClassicになることは間違いありません。
 最後に当ブログをわかりやすくコピー、模倣する奴、張り合おうなどと考えている連中がいるならば、Super 6の予想メンバーの名前ぐらい挙げれば良いのにと喧嘩だけ売っておきます。
 今回の件から学ぶべきところは、ウィニング・ベイトじゃなくてそのベイトに辿り着いたことを含めたプロセスが大事なんだよ。大事なことなので2回言いました。
Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4