人~よく見たら片方楽してる~「いや、人という字は人と人とが支え合って、とか言ってますけど片方寄りかかってんじゃないですか。誰か犠牲になることを容認してるのが人って概念だと思うんですよね。」

 2014 Bassmaster Classicの映像の一部を見たわけですが、Randy Howellの言っていることが何一つ矛盾していない普通のことを言っているところを見て改めて日本人の考え過ぎというか誇大妄想好きには飽き飽きしてしまいます。ついでに映像の一部と述べた理由は、Bassmaster Classicは本国で日程の結果を1日づつ分けてそれぞれCMを除いた本編が45分間の合計180分前後放送されているからです。そのwinning baitにしか興味のない、プロセスは一切関知しない層というbass fishingの根本的な部分を理解しようとしない連中がしきりに批判的な態度をとってきたのがLivingston Luresの当時プロトタイプだったクランクベイトです。The winning baitはDT-6であってLivingstonのそれじゃないと言っている連中のことです。もちろん日米関係なくそういった低水準の議論をしている連中というのは存在していたのですが、きっと英語が理解できる本国の連中はRandy Howellの今回の映像中のインタビューを聞いて黙ることでしょう。しかし、情報収集のリテラシーがなくて誰かが言っていた情報を聞きかじってからでしか妄想を繰り広げることしかできない的な研究しかできない日本の連中はきっとずっとそのままで居続けることでしょう。
 本人が低水温期にはShad Rapのようなtight wobbleというアクションが望ましく、今回はDT-6を使用したことを述べ、そこから時間が経過し釣果を重ねたことから、先のベイトと比較して最優先として違った水深に送り込めるもの、違ったアクションのものをアプローチすることで春先特有の季節感が若干ズレたウェイトのある魚を取り込むことに成功したという分析をしているということです。これもdepth, 水深、ゾーンを変更するという己の理解に及ばない情報を遮蔽して理解できるアクションの違いだけを取り出し論じ始めるという聞きかじりからの妄想を繰り広げることしかできない連中の格好の餌になるという偏見もあります。従って、そういった連中の出典・引用というのは遮蔽された、彼らの理解の及ばない情報が存在するか否かを精査しなければならないということでもあります。
 そして、何もDT-6だけがthe winning baitと言っているわけではないというのは、44度も開催されているClassic全てで共通して見られる事象です。例えばRick ClunnがBagleyのHoney Bをthe winning baitとして挙げたのは事実ですが、それ以前と後にはスピナーベイトも使用していることがすっかり忘れられているようなものなのです。当ブログではカテゴリーとして分類もしている2011 Bassmaster Classicでスクエアビル・クランクベイトだけでなく、散々スピナーベイトのことを書いたのはそういうことです。2008 Bassmaster ClassicでAlton Jonesが話題にしたthe winning baitはA-jigとPipskin Jigでしたが、Cotton CordellのC.C. Spoonのことを覚えている人が居るでしょうかといった具合の話です。
 クランクベイトなんてアクションがどうとか語られがちですが、それ以前の大前提としてdepthまたはゾーンといった水深を合理的に釣り分けていくベイトであるということを忘れてはいないでしょうか。大前提がそうであるからわざわざラインサイズ別に同じクランクベイトを組んだり、クランクベイトは変えてもその他の道具は統一したりするわけです。そんな大前提を理解していないから神がかったアクションとか、これは何年代につくられた古いものだから良いとかそういったドーデモイイことを妄信して釣りというその技術そのものが磨かれないわけです。ラインサイズを1サイズ変更するとクランクベイトの潜行深度は時に15cmに満たないほどの変化しか出ませんが、ヘラブナで底釣りをした場合においてヘラブナが餌をついばむことでその湖底がわずか数センチ掘れるだけでアタリが消えたりするといった事実を知っていれば、それがどれほど釣果を着々と重ねていく上達に欠かせないことか理解できるのではないでしょうか。微調整が釣果0か100かの違いになると言って過言ではない世界の釣りを自分に取り入れることが果たして不毛なことであるかどうかは読者本人の判断に委ねられるわけで、当著者がどうすることもできない領域であるということも忘れてはいけません。そもそも当ブログに正解などどこにも書いていないのです。正解を探しにネットをさまよっているのに、どこにも正解がないというのは、自分探しの旅などといってショーモナイ海外旅行をしてくるぐらいの皮肉であるという指摘をすると己の愚行を己の責任としたくないあまり当著者にキレる連中が出てくるという偏見があります。
 今回の件から学ぶべきことは、バス釣りやってますなんていう自称釣り好きの人から有用性のある話なんてまず聞くことはできないということです。彼らの視野の狭さと考察の稚拙さは理解の範疇を超えたところにあるぐらいだと思って過言ではないという偏見があります。そして、ウィニングベイトに関しては今も昔も変わらないわけで、第三者が作為的に広告代わりに話題にしたものが強烈であるが故にその時、同時に使っていた他のウィニングベイトが忘れ去られていくのです。大切なことなので何度でも言いますが、当ブログで大事に取り扱っているのはベイトでもなければツールでもなくプロセスにあります。

ラジオの声は甘く人を酔わせてる

 正直Randy Howellの映像というのは、見ていたとしてspinning tackleのそれとswim jigのそれ程度で10時間も見たことがないため彼のプレゼンテーションに関しての巧さにそれほど詳しくありません。逆にシャローの釣りとディープといってもフットボール・ジグといったイメージがあります。イメージとしてはスイム・ジグのそれが割と大きな部位を占めていると考えています。
http://www.bassmaster.com/video/randy-howell-classic-videos
 そのRandy Howellは、Classicが終わってからLivingston luresのどうやら"Howeller"と名付けられそうなプロトタイプのクランクベイトを使ってもう一度同じスポットで釣りをした映像です。もちろんカメラはスポンサーとなったPOVカメラのGo Proを使用した映像です。
 いくつか編集された映像を見たわけですが、普通のクランクベイトを使用した釣りで特筆して変わったことをしたわけでもなさそうですし、そのトーナメント開催期間中のその特定の時間に魚の集まった特定の水深別に使うベイトを変えていただけのように見えます。
 釣りの中身に関して特筆することは後のBassmaster Magazineなり文章で読めば良いだけなのですが、映像中に特筆するべきである映像が全く無いわけではありませんでした。それは"attitude of re-tying the palomar knot",パロマー・ノットを魚を取り込んでから何度か結び直しているその態度は特筆するべきです。彼が使用していたと言うフィッシング・ラインはGamma Fluorocarbon 12, 14, 16-pound testでした。そこから話を始めてみましょう。
 本当にフロロカーボン・ラインが市場を占める流行なのだなと思い知らされるわけですが、先に当ブログで稀に表記するUS規格について説明しておかなければなりません。そもそも日本でのフィッシング・ラインにおける規格というのは、IGFAことInternational Game Fishing Associationが定めた規格になります。それは世界記録などの記録を取り扱う上で、その釣りに使用する道具にルールを定めた中でつくられた規格で、表示されたポンドの数値の力を掛けると切れるように設定されています。反対に当ブログで使うUS規格というのは、アメリカ合衆国内でフィッシング・ラインとして一般的に用いられる規格で、IGFA規格とは異なります。その違いは、US規格であれば表示されたポンドの数値の力を掛けても切れてはいけないという点にあります。方や切れるけれど、方や切れてはいけないという根本的な概念・コンセプトの違いでラインの直径の数字が微妙に異なってくるわけです。そしてGamma製品のラインはUS規格なわけです。その中身を見ていきましょう。
https://blackknightindustries.com/ProductDetails/tabid/63/ProductID/25/Default.aspx
 Gammaの表記では、パッケージに表示されるポンドの数値とは別に"Actual test strength"が表示されています。Randy Howellが使用したと言う12-pound testですが、直径は0.013インチ(0.33 mm)あり、"Actual test strength"として17.6 lb (8.0 kg)と表記されています。ただし、この直径の規格は日本と全く同じ、またはきっと作っている工場やその機械そして材料の仕入れ先が同じです。つまり、これを日本で販売すると16-pound test表記になります。ついでにGammaにある14lbの0.36mmは日本ではまず無い直径の規格で、16lbの0.38mmは稀にある直径の規格であったとしても20lb表記になります。日本で一般的な直径と数値表記は14lb=0.31mm, 16lb=0.33mm, 20lb=0.37mm, 25lb=0.405mmとなります。
 さてRandy Howellが使用したラインの数値が個人的印象として低い印象がありましたが、直径の数値を見て納得しました。ただメーカーによる数値表記が低く設定されているだけだったということも知っておくべきです。Elite Seriesに出場しているほとんどの競技者のラインの基準は日本での規格で16lbより上側にあると思って間違いないという話のことです。
 さて、規格の違いについて知ったところで、もっと根本的にフロロカーボンの特徴について知っておかなければなりません。モノフィラメント・ラインとの大きな違いはその比重とline stretch, ラインの初期荷重における伸び率値にあります。今回のトピックである「結び直し」において重要なのはライン・ストレッチです。フロロカーボンというのは、このライン・ストレッチがモノフィラメント比較して少ないのですが、その少なさによって得られる利点が俗に言われるsensitivity/感度なわけですが、その反対側、欠点も出てくることが忘れられがちです。忘れられがちではなくて、意図的に隠されている、または知らない人がほとんどと言っても間違いないという偏見があります。そのライン・ストレッチの少なさによって生まれる欠点というのは、結束強度、専門的には結束強力、英語ではknot strengthを下げてしまうことにあります。ほとんどの釣り人に知られていない事実ですが、同径のモノフィラメント・ラインとフロロカーボン・ラインの結束強度を比較すれば、フロロカーボン・ライン側をモノフィラメント・ライン並みのライン・ストレッチを持たせるという特殊な加工でもしない限り、間違いなくモノフィラメント・ラインが勝ちます。ここまで読めばもうお分かりかと思いますが、釣りをやっていれば当たり前の態度である「結び直し」がElite Series ProsにとってClassicを勝ち取るためにどれだけ重要なのかということです。フロロカーボン・ラインを使用するということは、それだけ魚を掛けた後や根ガカリさせた後にノット、結び目に常に意識を持っていなければ、次の魚を簡単にライン・ブレイクという糸を切られて逃してしまうことを意味するわけです。Randy Howellの釣りの映像中に何度かニッパーでルアーのアイ側の結束部分を切っている映像があると思います。別にノットから手元まで伸びるラインの途中に傷が入ったその部分を意図的に切ったわけでもないのに、魚をボートの上に引き上げた後にノットを切って結び直しているのです。これは確実にフロロカーボン・ラインを使用して釣りを続けた結果から得られる習慣に間違いありません。何度それで痛い目に会ったことか、きっと日本では知らずに貴重な機会が逃され続けているという偏見があります。そして日本ではその貴重な機会を逃した責任の所在を「結び直さなかった己の責任」に持っていかずに「メーカーや製品の責任」にされているという偏見もあります。閑話休題、そういった細かい配慮と習慣があったからこそこの逆転勝利があったのだろうというトピックです。
 反対に、この結び直さないミスを犯した人の中で印象があるのがいーすくえあさんです。DVDで販売されているBass Pro ShopsがスポンサーのBass Prosの中で、XPS FluorocarbonのUS規格14lb(.32mm)のラインを使ってワーム系の釣りをしていたわけですが、番組中に魚を釣り上げるのは命題なわけで逃すわけにはいかないのはトーナメントのそれと変わらないはずが、ライン・ブレイクを起こして魚を逃すということをやらかしています。その後は魚が釣れるごとに結び直している映像もあるわけですが、トーナメント中に起こせば致命的なのは間違いありません。仮にライン・ブレイクした映像をどこかで見たら彼はまだ学習が足りていないんだなと生暖かく見守ってあげてください。

 さて余談ですが、その結束強力が見事に落ちるフロロカーボンの欠点を補おうとするメーカーも当然のように現れてきます。どのようにするのかというと、先に述べたことでもありますが、ライン・ストレッチが少ない方のモノフィラメント・ライン並みのライン・ストレッチを持たせてしまうのです。そうすることでフロロカーボンのその欠点は薄くすることができます。それでも利点としてのsensitivity/感度は失われてしまっていることも同時に忘れては行けません。その視点から、このラインの特徴を使い切るのであれば、モノフィラメント・ラインと比較して、沈む特徴が出てくるため存在意義が無いわけではありません。要はツールとしての使いようなのです。しかし、そのライン自身が沈む特徴が必要なければモノフィラメント・ラインで済んでしまうのも事実です。
 このメーカーごとにこういった利点と欠点の間で様々な調整をして製品化しているわけで、メーカー内でも数種類のモノフィラメント・ラインにフロロカーボン・ラインが販売されているのはそういった理由からです。自分が使い易いと思うツールがどれかその中から選び出さなければならないという作業は、実は生きている間にできることではないぐらいに幅広く果てしないと個人的に思っています。そこで本来は複数の人が集まったときに互いのインプレッションを交わすのですが、このラインの特徴の基礎も知らない人達だらけで会話にならないという偏見があり、安くて使えるといった言い方をして良い悪いの評価判断さえ怪しいという偏見があります。

 今回の件から学ぶべきことは、特にフロロカーボンを使用するならば頻繁に結び直す習慣をつけておくことです。クランクベイトで何尾も固めて釣ったことのない人ほどこの同じミスを犯しがちです。切られて偶然そのクランクベイトが浮いてくることもありますが、今その瞬間に釣れているhot baitを無くすという非常に痛い思いをしなければいけないのも自分です。そして、ラインの素材に関係無く日本の規格で16lbを含めて、それ以下のラインは1尾釣り上げるごとに結び直すのが安全な習慣です。もちろん20lb, US規格で17lbであっても結び直さなければいずれ切れるわけですが、許容範囲が広いのも事実です。そして、フロロカーボン・ラインのノットとちsてパロマー・ノットより物理的に強度の高い結び方がいくらでもある(Knot WarsのPDF参照)わけですが、何度も結び変える手間を短縮するという意味でパロマー・ノットの優位性も再認識するべきだという主張もしておこうと思います。自分自身の釣りの中だけでは、魚が連発して釣れる中でしか学習できない結び直しの習慣ですが、動画から見られる学べる中身・トピックとして、こういったところをもっと見るべきだということです。

偽りの自由の中でアイツは笑う。

 今時いくらでもBassmaster Classicのwinning baitなんて調べられるわけで、Bassmaster.com側から積極的に紹介するようになってきました。
http://www.bassmaster.com/slideshow/lures-ruled-guntersville-classic
 正直それぞれの製品の共通点がどうこうとかイマドキドーデモイイのですが、それよりもっと大きな共通点があることの方に興味があります。写真を見ていくほどに明らかになっていく、Mustad KVD Triple Grip ことTG76NP-BNが普及し過ぎです。The U.S.の店舗在庫が常に無かった状態もあったり売れていることは明白でしたが、ここまでElite Seriesで使用されていると、「本当にKevin VanDamを倒す気ある?」という個人的な懐疑心も生まれてきます。それは非常に皮肉の利いたジョークであるとして、コピー関係が出てこないことに興味が出てきます。
 その前に、Steve Jobsなんかが言っていたことだったと記憶していますが、ユーザが本当に求めていることというのはユーザ自身がわかっておらず、プレゼンする側が提供して初めて気がつくのだという主張があったわけですが、ある意味でこの釣りの市場でKevinの目のつけどころがプレゼン側にあるということを証明していると当著者は考えています。反対に多くのユーザの要望ほど普遍性に欠けてショーモナイことはないという見方もできます。
 さてTG76NP-BNの形状は、元を辿れば中世辺りからあるような針の形状であり、現在でも別の会社からケール・フック/kahle hookとしてシングル・フックは売られています。そのシングル・フックを3本溶接してしまったのがTriple Gripとしての基本的な形状です。しかし、TG76NP-BNの唯一の特徴はシャンクと呼ばれるアイレットのある溶接された部分の軸の長さを極端に短く設定したことにあります。

 別にコピーどうこうではなく同じコンセプト・概念のフックは1種類だけそれも日本製で見つけてあります。コピーでないと言い切れる理由として明らかにバス・フィッシング市場に売り込む気が0で、在庫している店舗なんてほとんどなく、仮に店舗がメーカーに注文しても中々納品されない製品だからです。
 これをthe U.S.市場に進出したんだからついでに輸出すれば良いのに、同形状で細軸のY-F55を輸出しているところしか見たことがありません。ついでにこのY-F55も日本ではライトジギングというシールが貼られバス・フィッシングの範囲に持ってくる気配が感じられません。ご存知のようにハード・ベイトでちゃんと釣りをしている、正しい意味でのpower fishingをしている日本のスタッフなんて居ないという偏見がありますから当然の結果と言えます。
 従って、これらをfishermen, アングラーみんな考えることは同じ、共通しているということの証明としても理解できます。そして、共通の課題を見出すとすれば、シャンク側・内側に向けたhook point angleを色々と調整してみるべきであるということです。個人的にこういった形状のトレブル・フックをTriple Grip系として集めていますが、どこのメーカーのものか判別できない製品も含めてhook point angleがどれも個性的でそれぞれのデザイナーの心意気があるのだろうと試していたりします。以前の投稿にもちょっとしたanalysisを記載していたりします。
 利点があれば欠点があるもので世の中に何の欠点もない完璧なツールなんて存在しないわけですが、利点をどう使って欠点をどうユーザ側で補うのか考えることが必要です。つまり、ルアーであろうがロッドであろうがリールであろうがフックであろうが正解などありません。それぞれの有用性をどう使うのか考えなければならないことは常にユーザ側に課せられた問題です。そんなことも理解できない人だらけだからルアーに魔法が宿っていると考えたり、誰かが良いと言っていたからといった情報に右往左往して醜態を晒す場面をたくさん見せつけられるという偏見があります。
 いずれにしても流行がどうとか言っている連中に限ってこういったフックにしても、こういった中身にも触れないといいう偏見もあるわけですが、そんな連中が見ているものが本当にどうしようもないぐらいショーモナイか悪い商売をしようとしているかのどちらかであるという証明になっていることを主張しておこうと思います。
 Sexy ShadにしてもTriple GripにしてもKevin VanDamが始めた合理的な判断から導かれる選択肢がElite Seriesの競技者間に蔓延し過ぎているというのはやっぱり「本当にKevin VanDamを倒す気ある?」と繰り返し言っておくべきではないかと考え直してみようと思います。

http://www.bassmaster.com/blog/true-classic-showdown
 本当はこれの訳文をつくりたかったわけですが、既に2万文字を超える翻訳文作成によって疲れきっているので、当著者が回復するまで更新が再び途切れるかもしれません。
Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4